リサイクル品のトナーの品質について

トナーはコピーやレーザープリンターに利用されているインクであり、粉状になっているのが特徴です。

帯電と言う静電効果を利用する事で文字を紙に転写させる目的で利用するもので在り、
インク切れと言う形になった場合には印字もしくはコピーが出来なくなるため、大半の場合が予備のトナーを用意しているケースは多く在ります。

インクジェットプリンターなどの場合は液体のインクカートリッジをプリンターにセットしておくことで印字を可能にしますが、コピー機やレーザープリンターと言ったレーザーを利用したOA機器の場合は粉状のトナーが必要であり、空になったカートリッジを取り外し、新しいカートリッジを取り付ける事でコピーなどを行う事が出来るようになります。

粉状と言ってもカートリッジの中に充填されているため、粉が飛び散る事は在りませんが、昔のリサイクル品などの中には品質が悪いものも在り、コピー機に装着した後にコピー機内部で粉が飛び散ってしまい、内部を汚してしまったり、最悪の場合はコピー機が故障してしまうと言った事態を招いてしまう事も在りました。

純正品と比べると、リサイクル品は安く購入することが出来ると言う魅力が在りますし、
コピーを多く取る会社、レーザープリンターを利用して印字を多く行う会社にとって消耗品でもあるトナーの利用頻度が高くなるため、リサイクル品を利用されるケースが多くあるわけです。

尚、現在のリサイクル品は品質そのものが高くなっており安心して利用出来るものが増えています。キャノントナーはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です